スマイルライフ

【特別版】スマイルスタッフ芳賀詩音「ここで得た繋がりが、間違いなく現在の私に大きな影響を与えている」

名前 芳賀詩音
大学名 東京都市大学 知識工学部経営システム工学科
スタッフ歴 2年半(2013年〜)

ーやろうと思ったきっかけ
先輩スタッフであった、寺師さんからの御誘いを受けて。 その頃丁度競技フットサルに興味を持ち始めていた私の相談によく乗ってくれていた寺師さんが、自分が競技者という面以外からもフットサルというスポーツにアプローチしてみたい、という話をした時にこのお話を頂きました。

ー担当した仕事は
地域リーグの取材やスマイルリーグの審判、運営など。

ーやりがいを感じた瞬間
地域リーグの取材においては、自分が担当したリーグの記事やインタビューなどをHPにアップし、その反響が大きかった時など。
リーグの運営、審判などの際はその日の日程を消化した時、お客様が笑顔で帰って行くのはもちろん、わざわざ話しかけに来てくださったりした時は達成感を感じる事が出来ました。


ー身に付いたと思う力は

「対応力」です。 リーグ運営の現場では、自分が責任者として適時判断が求められます。もちろん自分で判断出来ないこともありますが、一つの現場の責任者を任せられるという経験はとても貴重なものです。 また、大人の方とのコミュニケーションという意味での対応力もその一つです。この仕事を始めてから大人の方と接する機会がとても増えました。その中で当たり前ですが挨拶や敬語などのマナーを改めて学び、今では自然と対応することが出来るようになりました。

ー大変だったこと
リーグ運営を行う上で、当然ですがお客様はほぼ自分より年上の方です。その中で一番若い自分がお客様達をまとめ、しきることは想像していたより難しく、社会に出ればそれが当たり前の事なのかもしれませんがこのような経験を学生のうちにさせて頂けたのは非常に貴重な経験となりました。

ーこれからスタッフとして頑張るメンバーに向けてメッセージ
正直この仕事は割に合わないことの方が多いかもしれません(笑) しかし間違いなく他の仕事では経験出来ないような貴重なものばかりで大会の企画、運営など自由に仕事をさせてもらえます。 また、この仕事を通じてたくさんの素晴らしい方々と出会うことが出来ました。この繋がりというのは本当に凄いことで、間違いなく現在の私に大きな影響を与えてくれました。少しでもこの仕事に興味がある方は是非やった方が良いと思います。 共に頑張りましょう!