ニュース

神奈川県リーグ1部第8節 アズヴェール藤沢10番飯田暁彦選手「本当にワンプレー、ワンプレーが勝負だと思っています」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アズヴェール藤沢No.10飯田暁彦選手

 

-お疲れ様でした!5-2できっちり勝点3を取りました。試合を振り返ってみていかがですか?

2連敗中だったので、今日勝って無事に連敗を止められてホッとしています。ここでさらに負けてしまうと降格の可能性も出てきてしまうので。とにかく勝てて良かったです。

 

-チームの2点目は飯田さんのゴールでした。あの場面を振り返っていただけますか?

哲平(No.12野口哲平選手)が斜め前にいたんですけど、彼のところにボールが入れば最後自分にパスが出てくる感じがしたので、マイナスのポジションに走り込みました。哲平がきちんと見てくれて良いボールをくれたので決めるだけでしたね。チームとしてイメージを共有できたゴールだったと思います。

 

-非常にオートマチックに連動した流れに見えたのですが、あれはチームとしての決まり事なんですか?

いや、そういうわけではないのですが、流れの中で自然と上手く連動できました。哲平から見たら斜め後方に出す感じになるので結構見づらいというか、そのまま自分でシュートを打ちたくなる場面だと思うのですが、よく見てくれてたなと思います。

 

-飯田さんのゴールで2-0とリードを広げたわけですが、その後前半終了間際に同点にされてしまいましたね。残り0秒でしたし、セットプレーからだったので嫌な失点だったと思います。直後のハーフタイムではどんな話をしましたか?

いや、もうとにかく気持ちを切り替えようと。あそこで失点したのはもちろん良くないことなんですけど、試合中に沈んでしまっても仕方ないので、「0-0のつもりでもう一度仕切り直そう」と話していました。ただ時間帯的にも最も注意しないといけない時間だったので、ああいう失点は無くさないといけないですね。

 

-しかし嫌な流れを断ち切ったのはまたも飯田さんでしたね。後半3分にゴレイロ岸川選手からのピンポイントのロングパスを左奥で受けて、1人交わして右足で蹴り込みました。得意の胸トラップで相手を中に交わしての会心の一発だったのではないですか?

そうですね。あれはもう、とにかくキシが素晴らしいボールをくれたので、半分以上は彼のお陰です(笑)今日前半だけ出場していたエバ(No.1江波戸選手)もそうなんですけど、うちのゴレイロは2人ともキックやスローの精度が高いので、練習から何度も成功しているかたちなんです。良いタイミングで走れば出てくるのが分かるので自分としても走りやすいですし、良い攻撃のオプションになっていると思います。

 

-確かにパスも素晴らしかったですが、飯田さんのワンタッチで相手の逆を取った胸トラップもお見事でした。

一度収めてキープしようかと思ったんですけど、相手がかなり近くまで寄せて来ているのが分かったので、ワンタッチ目で相手の動きの逆を取ったら交わせるかなと思って切り替えました。うまく決まってくれて良かったです。

 

-今日はゴールシーン以外でも全体的に質の高いプレーが多かったと思うのですが、そのあたりについてはいかがですか?

ありがとうございます。今は若い選手も伸びてきていて、自分の出場時間がそれほど多いわけではないので、本当にワンプレー、ワンプレーが勝負だと思っていて。良いプレーを一つでも増やして、少ないチャンスをモノにしていきたいですね。今季は開幕からなかなか点が取れなくて苦しかったんですけど、今日やっと今シーズン初めて点を取れたので。残り3試合もできる限りの準備をして、自分らしいプレーを一つでも多く出していけたらなと思います。

 

-ありがとうございました!

 

※掲載が大幅に遅れてしまい申し訳ございません。

※飯田選手は昨季を最後に競技フットサルを引退されることになりました。アズヴェール一筋14年、本当にお疲れ様でした。