ニュース

神奈川県リーグ1部第7節 バイラール8番藤巻光司選手「神奈川を代表するピヴォになるくらいの気持ちでやっていきたいと思います」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バイラールNo.8藤巻光司選手

 

ーお疲れ様です!1部2勝目おめでとうございます!

ありがとうございます!

 

ー4-3での勝利でしたが、試合を振り返ってみていかがですか?

最終的に勝ったので良かったのですが、4-1でリードしながらも最後連続失点をして4-3になってしまって、危ない試合展開になってしまいました。今後に向け改善が必要だと思います。

 

ー先制されて追い付いて1-1の同点でハーフタイムに入りましたが、ベンチではどんな話をしていましたか?

前半は入りがあまり良くなくてその辺りが修正ポイントだったので、「後半は立ち上がりから自分たちでもっと上げよう」と話していました。自分たちで意識的に流れを変えられことに関してはすごく良かったと思います。

 

ー1-1で迎えた後半10分、同点の場面で貴重な逆転ゴールを決めたのは藤巻選手でした。思い切りぶち込んだという感じでしたけど、あのゴールの場面を振り返っていただけますか?

いやもう、9番の知念が良いボールをくれたので、自分は決めるだけでした!

 

ー速報にも書いたのですが、ゴール後には自軍ベンチ前で腰の入ったソーラン節も披露されていましたね!あれは以前からやっているんですか?

いやーお恥ずかしいですね(笑)あのパフォーマンスは今年からちょいちょいやってまして(笑)バイラールは勢いを大事にしているチームなので、ああいうパフォーマンスでチームを盛り上げられたらなと思ってやってみました。自分はチームの盛り上げ役のようなポジションにいるので、そういう部分でもチームに貢献していけたらと思います。

 

ー動きが完璧でしたけど、学生の頃に学校でやったりしたんですか?TBS系『3年B組金八先生』でロックソーランを踊るシーンが流れて以来全国の学校に波及して、学園祭なんかでやるところも多かったですよね。

そうです!僕も中学校でやりまして。まさか試合後にそこを聞かれると思わなかったのでちょっと恥ずかしいですが(笑)

 

ーすみません(笑)バイラールは今日で1部2勝目で、引き分けが3つありますので勝点9となりました。初挑戦の神奈川県1部はいかがですか?実際にプレーしてみて2部との違いなどはありますか?

そうですね。やはり2部とは雲泥の差があると思います。レベルが高いので、チームとしても僕個人としても今のままではまだまだです。毎試合課題がたくさん出るので、一つ一つ修正していきたいと思います。

 

ーなるほど。具体的にはどんな部分が違うと感じますか?

攻守の切り替えの早さやセットプレーの質、個人の技術など全てですね。やはりトータルでプレーの質が高いと思います。

 

ーなるほど。ただそんな中でも2勝を上げていますし、湘南やまんほーるといった優勝経験もある強豪に食らい付いて引き分けられているあたりにチームのポテンシャルの高さを感じます。1部のレベルにも徐々に慣れてくる頃だと思うのですが、手応えを感じる部分はありますか?

そうですね。徐々に合わせられるようになってきているという手応えも多少はありますね。劣勢になる場面が多いながらも、試合の中で自分たちのペースで戦えている時間帯もあるので。ただやはり相手に比べて地力で劣ることが多いので、例えばより集中してディフェンスをするとか、絶対に抜かれないという強い気持ちを持って球際で戦うとか、そういう部分を大事にして戦っています。

 

ー言葉の端々から充実している様子やフットサルへの熱い気持ちが伝わってきます。最後に、藤巻選手自身の今後の目標を聞かせてください。

いやもう、とにかくもっともっと上手くなりたいですね。神奈川を代表するピヴォになるくらいの気持ちで、もっともっと練習して、相手を圧倒できるような選手になりたいです。「バイラールの8番上手いよね」って言われるくらいになって、チームを勝たせられる選手になりたいと思います!

 

ーありがとうございました!

 

※掲載が大幅に遅れてしまい申し訳ございません。

※その後藤巻選手は関東フットサルリーグ2部・バディランツァーレへの移籍が決まりました。藤巻選手の新天地でのご活躍をお祈りしております。