ニュース

神奈川県リーグ1部最終節 フェニックス横浜No.1鶴岡嗣泰選手「昔の自分ができなかったことを取り返せるチャンスがある、そこに行けるって本当に幸せなことだと思います」

DSC_0885

フェニックス横浜No.1鶴岡嗣泰選手

 

ーお疲れ様でした!史上初の神奈川県リーグ1部全勝優勝、おめでとうございます!

ありがとうございます。

ーすでに優勝が決まった中での試合でしたが、今日はどんなことを意識して臨みましたか?

おっしゃる通りすでに優勝は決まっていたので、参入戦に向けて自分たちが何をするべきか、というのを試合の中でしっかりと見せるのが今日の目標だったと思います。あとは当然ですけど、参入戦前なので退場しないように(参入戦が出場停止にならないように)というのももちろん頭に入れてプレーしていました。チームとして悪くない試合ができたのかなと思います。

ー今日もチームとして入りから集中してましたね。

そうですね。今日はメンバー外の選手とかも出てきているので、試合に出ている選手が責任を持ってプレーするのが当然ですよね。そのあたりは全うできていたかなと思います。ただ、まだ目指している所の50%しか来ていないので、参入戦に向けて改めて締め直していかないといけないですね。

ーシーズン全体を振り返ってみていかがですか?今季の会沢選手の急成長を見ていても、鶴岡選手の加入はチームにとってやはり大きかったのかなと思うのですが。

今シーズン前に加入した時に、「キーパーが変わらなかったらこのチームは関東には行けない」という話を監督ともしていました。誰か1人ではなく、キーパー全員で甘えを無くして取り組んでいこうと。ピッチに立てるのは1人なのでお互いがライバルなわけですが、良い意味でのライバル関係というか、刺激し合える関係性が作れたらと思ってやって来ました。

ーキーパーからチーム全体の雰囲気を変えていくと。

そうですね。各自がやるべきことにしっかり取り組む。当然僕自身も良いプレーを見せないといけない。ヴェルダリーロの選手も含めて7名全員でやってきたつもりです。うちは誰か1人スーパーなキーパーがいるわけではないですけど、総合力で見たらそれなりにやってこれたのかなとは思っています。

ーいよいよ参入戦に進むことになりましたね。色々と特別な思いもあるかと思うのですが。

はい。僕にとっては湘南蹴族で戦って以来15年振りの関東参入戦になります。あの時は緊張で一睡もできないまま戦って、決勝まで行ったんですけど最後PK戦で負けてしまったんです。あれから随分時間が経ちましたけど、やっぱりあの時のことっていうのは今でも心のどこかに引っ掛かっているんですよね。フットサル選手としてやり残したことがあるというか…。今となっちゃ後付けですけど、今そのためにここにいると思っています。

ー参入戦に置いて来た忘れ物を取りに行くんですね。15年振りに。

まあそんなかっこいいものでもないけどね(笑)でも、昔の自分ができなかったことを取り返せるチャンスがある、そこに行けるって本当に大きなことだと思うんですよね。自分だけでなく、監督やチームメイト、スポンサーさんとか、色んな人たちの協力もあってこの年でそんな熱い舞台に立てるのは幸せだと思うんです。なのでしっかりとやりきってきたいと思います。全員で頑張りますよ。

ーありがとうございました!