ニュース

神奈川県リーグ1部第10節  フェニックス横浜No.4高橋健也選手「次も勝って全勝で参入戦に行きたいと思います」

DSC_0192

フェニックス横浜No.4高橋健也選手

 

ーお疲れ様でした!残り1試合を残しての神奈川県リーグ制覇、おめでとうございます!

ありがとうございます!

ー前半に3点を先制されるという非常に苦しい展開でしたが、最終的には見事逆転勝利で優勝を決めました!試合を振り返ってみていかがですか?

フェニックスとしてはここ数年YSCCに勝てていなくて、直近の選手権の対戦でも負けていたので少なからず苦手意識もある中での一戦でした。やはり不安もあったのですが、何とか逆転で勝って優勝することができて良かったです。

ー3点ビハインドという間違いなく今季最も厳しい状況だったと思うのですが、前半終了間際に高橋選手のゴールで反撃の狼煙を上げました。3点目を取られた直後でしたし、終了間際ということもあって本当に大きなゴールだったのではないでしょうか。

そうですね。前半のうちに1点でも返しておくのと3点差のまま後半に入るのとでは全く違った雰囲気になっていたと思いますし、何とか決められて、1-3でハーフタイムを迎えられたのは良かったと思います。

ー最終的にはチームとして6ゴールを上げましたけど、高橋選手のゴールがきっかけになったことは間違いないですよね。難しい位置からでしたけどよく決めましたね。

そうですね。時間も短かったのでしっかり打ち切って終わろうと思っていて。角度は少なかったんですけど、決まってくれて良かったです。

ー後半は高橋選手の2点目もあり、また日永田選手や高柳選手といった、今季チームを引っ張り続けてきたベテランのゴールもありました。若い高橋選手にとって、ああいった経験豊富な選手と一緒にプレーできるのは大きな意味がありそうですね。

はい。本当に普段の練習からすごく引っ張ってもらっていますし、一緒にプレーするだけで勉強になることがたくさんあります。自分ももっと上手くなれるように頑張りたいと思います。

ー今日は優勝が決まる大一番ということもあって多くのサポーターの方々が詰め掛けていましたね。1点目を取った後、高橋選手がそのスタンドに向けて拳を突き上げるようなシーンもありました。

そうですね。僕たちは本当に色んな人たちのお陰でこうしてプレーできているので、そういう感謝の気持ちを優勝という形で返すことができて良かったです。ただチームの目標はあくまでも関東昇格なので、ここからが本当の勝負だと思っています。優勝は決まりましたが最終節もしっかりと勝って、全勝のまま参入戦に臨みたいと思います!

ーありがとうございました!