ニュース

神奈川県フットサルリーグ第10節結果 首位フェニックス横浜が3位YSCCに勝利!開幕10連勝で見事頂点に!!

DSC_0008

開幕から無傷の10連勝で優勝を決めたフェニックス横浜

 

12月9(土)横須賀市南体育会館で神奈川県フットサルリーグ1部の第10節が行われた。第1試合では開幕から全勝のフェニックスが、3位で優勝の可能性を残すYSCCと対戦。朝一のゲームにも関わらず、直接対決らしい非常に激しいゲームとなった。

ヒリヒリとした緊張感が漂う中、先に主導権を握ったのはYSCCだった。前半3分に右CKからベテラン中野が合わせて先制すると、守っても、攻勢に出るフェニックスの数多のシュートを守護神山口諒がことごとくストップ。12分と19分にはFKから安田が連続ゴールを上げ3-0とフェニックスを突き放す。

前半のうちに3点のリードを許す展開にフェニックス危うしかと思われたが、やはり今季の彼らは違っていた。3失点目を決められた僅か32秒後、高橋健也がゴール左隅に決め、前半のうちに2点差として前半を折り返したのだ。このゴールで勢いを取り戻したフェニックスは、後半4分までにエース高柳とキャプテン照井の連続ゴールで同点とすると、後半5分にPKを与えてしまった場面でも、安田のシュートをゴレイロ会沢が見事スーパーセーブ。今季急成長を遂げた若き守護神の神懸かり的な活躍で窮地を脱すると、その4分後にはFKからまたも高橋が決め、遂に4-3と逆転に成功する。

その2分後、フェニックス高柳が2枚目の警告で退場となった直後にYSCC栗林が同点弾を決め試合を振り出しに戻したが、ここから日永田が貫禄の2ゴールを決め勝負あり。フェニックスが最終節を待たずして見事優勝を決め、関東2部参入戦への切符を手にした。

一方、大詰めを迎えている残留争いにも動きがあった。アルジェマに引き分けたジオックスの11位と、ボンバに敗れたミリオネアの12位が確定したのだ。これにより、現時点でミリオネアは自動降格、ジオックスは2部2位との入替戦に回ることとなった。だが、これもまだ確定ではない。優勝を決めたフェニックスの現在のチーム力は間違いなく関東参入戦でも上位レベルのものであり、関東昇格も現実的に十分有り得る話だ。もしフェニックスの昇格が決まれば順位が1つずつ繰り上がることになる上に、今季終了後の脱退が噂されるチームもあるだけに、まだまだどうなるか分からない状況だ。いずれにしても、両チーム共に2部との入替戦を戦うことを想定し、それまでに出来る限りの準備をしていくべきだろう。順位が確定したとはいえ、最終節も単なる消化試合ではない。最後まで諦めることなく、悔いのないよう戦い抜いてもらいたいところだ。

2部3位との入替戦に回る10位になる可能性を残しているのは、8位エンカサ(勝点10)、9位ボンバネグラ(勝点10)、10位ホヌ(勝点9)の3チームだ。最終節、ホヌは第2試合で6位バイラールと対戦予定で、エンカサとボンバネグラは何と第4試合で直接対決を控えている。こちらも最後の最後までギリギリの戦いが繰り広げられそうだ。

いよいよ今季も最終節を残すのみとなった神奈川県フットサルリーグ1部。優勝が決まったとはいえ、上記した3チームの争いも含め、最後まで熱い戦いが期待できそうだ。

最終節は12月17(日)に、今節と同じ横須賀市南体育会館で開催される。

試合結果≫

第10節 12/9(土) 横須賀市南体育会館

フェニックス横浜 6-4 YSCCフットサル

ホヌ  1-4 アズヴェール藤沢

ミリオネア横浜 1-5 ボンバネグラ

湘南フットサルクラブ 1-6 FCまんほーる

アルジェマ 4-4 ジオックスフットサルクラブ

バイラール 7-3 エンカサ

順位表≫

優勝 フェニックス横浜 勝点30/得失点差+29/総得点52

2位 湘南フットサルクラブ 22/+28/51

3位 YSCCフットサル 21/17/41

4位 アズヴェール藤沢 18/+10/38

5位 FCまんほーる 17/+17/50

6位 バイラール 15/+/38

7位 アルジェマ 15/-1/24

8位 エンカサ 10/-8/40

9位 ボンバネグラ 10/-9/28

10位 ホヌ 9/-9/32

11位 ジオックスフットサルクラブ 5/22/26

12位 ミリオネア横浜 0/54/12

次節の予定≫

11節 12/17(日) 横須賀市南体育会館

10:00 アズヴェール藤沢 vs ミリオネア横浜

11:40 バイラール vs ホヌ

13:20 フェニックス横浜 vs アルジェマ

15:00 エンカサ vs ボンバネグラ

16:40 ジオックスフットサルクラブ vs 湘南フットサルクラブ

18:20 YSCCフットサル vs FCまんほーる