ニュース

神奈川県リーグ1部第6節 ボンバネグラNo.39寺尾幸喜選手「初ゴールは超気持ち良かったです!」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ボンバネグラNo.39寺尾幸喜選手

 

8月19日(土)、寒川総合体育館で神奈川県フットサルリーグ1部の第6節が行われ、第3試合ではボンバネグラがYSCCフットサルに3-2で勝利。強豪を相手に一歩も引かない堂々の戦いを見せ今季2勝目を上げた。

試合後、この試合で公式戦初ゴールを上げた県リーグ最年少キャプテン・現役高校生の寺尾幸喜選手にお話を伺いました。

 

 

-お疲れ様でした!勝利おめでとうございます。

ありがとうございます!

 

-強豪YSCCを見事3-2で下しました。今のお気持ちを聞かせてください。

強いチームに勝てて嬉しいです!なかなか勝てていなかったので勝点3を取れて良かったと思います。

 

-優勝候補のYSCCを相手に堂々の戦い振りでしたね。試合全体を振り返ってみて、チームとしてはいかがでしたか?

今日はここ最近の試合に比べて人数が少し少なかったので体力的にキツかったんですけど、みんなで協力して頑張れたので良かったです。

 

-今日の試合に対して相当な高いモチベーションで臨んでいる様子が、試合開始直後からひしひしと伝わってきました。練習からいつも以上に良い準備ができていたのでしょうか?

練習はいつもと変わらず楽しくやっていました(笑)ただ今日の試合に向けて、チーム全体としていつも以上に気持ちは入っていたかなと思います。

 

-立ち上がりの時間帯から、プレーしながら「今日は結構良い感じで入れているな」という実感はありましたか?

そうですね。集中して入れている実感はありました。先制されてはしまったんですけど、そこでさらにスイッチが入ったのが良かったと思います。

 

-そんな手に汗握る展開の中、1-1で迎えた後半7分に待望の瞬間が訪れましたね。県リーグ初ゴールおめでとうございます!

ありがとうございます!

 

-相手陣内の左45°辺りで前を向いて自らミドルシュートを打って、そのシュートは相手にブロックされたものの、ゴール前でガチャっとなったボールが再び寺尾選手の前にこぼれてきました。相手ゴレイロが前に出ていたのを見てダイレクトで決めましたね。

はい。ラッキーでした(笑)

 

-良い所にこぼれてきたとはいえ難しいバウンドでしたし、ゴールが空いていたからこその難しさがあったと思いますが、うまくミートしましたね。

はい。見えてたんで。意外と冷静に打てました。

 

-ゴール中央に決まりましたが、入った瞬間のお気持ちはいかがでしたか?

超気持ち良かったです(笑)

 

-決めたあと一目散にベンチに走っていきましたね。チームのメンバーも総立ちで迎えてくれました。

はい。ハイタッチしに行こうとしたらゴレイロの金井さんが滑って来たのでどっちに行こうか一瞬迷いました(笑)チームのみんなも喜んでくれて嬉しかったです。

 

-今季これまでにもゴールまであと一歩という惜しい場面が何度かありましたものね。チームメイトにとっても待望のゴールだったと思いますし、しかも同点からの逆転ゴールでした。今日の流れを決定付ける、価値ある一発でしたね。

そうですね。いつもみんなに助けてもらってるので、やっと決められて本当に良かったと思います。

 

-ゴールシーンのみならず、今日の寺尾選手は良いプレーが目立ちました。ディフェンスも試合を重ねるごとにどんどん上手くなっているように見えるのですが、ご自身としては実感はありますか?

ほんとですか?ありがとうございます!上手くなっているかどうかは分からないですけど、自分としては今年は結構頑張っているつもりなので。もっともっと上手くなりたいですね。

 

-今季に懸ける気持ちというのは、現在のプレー振りにすごく表れていると思いますよ。それはやはり、今季からキャプテンマークを巻いている影響もあるのでしょうか?

あると思います。上の人たちに本当に良くしてもらっていて引っ張ってもらってるので、キャプテンとして何かできているわけではないんですけど、それでも自分なりに「責任感を持ってやらなきゃ」という気持ちはあるので。

 

-リーグ戦も半分を消化しました。キャプテンとして、リーグ後半戦に向けた抱負を聞かせていただけますか?

今日の試合のように、チームとして楽しみながら勝っていきたいと思います。自分個人としてももっとチームに貢献できるように、さらに頑張っていきたいと思います。

 

-ありがとうございました!

 

※掲載が大幅に遅れてしまい誠に申し訳ございません。