ニュース

神奈川県リーグ1部第4節 湘南フットサルクラブ12番大王拓也選手「自分の得点数が増えれば自然とチームの結果も良くなっていくと思うので、まだまだ上げていきたいです」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

湘南フットサルクラブNo.12大王拓也選手

 

7月30日(日)、星槎レイクアリーナ箱根で神奈川県フットサルリーグ1部の第4節が行われ、第2試合では湘南フットサルクラブがミリオネア横浜に13-0で大勝。勝点を10に伸ばし3位をキープした。立ち上がり、開始僅か59秒で川崎のゴールで先制すると、ここから圧巻のゴールショーが幕を開ける。前半だけで6ゴールを奪うと、後半もその勢いは衰えず。キャプテン大王の5ゴール、高校生にしてNo.10を背負う川崎の3ゴールなど合計13ゴールを荒稼ぎし、夏場の連戦を最高の形でスタートさせた。試合後、今季の通算ゴール数を8に伸ばし得点ランクトップに立ったNo.12大王拓也選手にお話を伺いました。

 

-お疲れ様でした!勝利おめでとうございます。

ありがとうございます。

 

-大量13ゴールを奪っての完勝でしたね。試合を振り返ってみていかがですか?

そうですね。試合には勝てましたけど、最後全体的に足が止まってしまったところもありました。特にディフェンス面に関してはもう少し力を入れていかないと上位陣には勝てないと思うので、その辺りをもっと良くしていきたいですね。

 

-序盤から順調に得点を重ねることができて、前半を6-0で折り返した時点で勝点3はすでにほぼ手中にあったと思うのですが、そういった状況下でも最後までペースを落とさずに得点を取り続けましたね。ディフェンス面で課題が残ったとのことですが、それでも結果として無失点で終えられたことに関しては一定の評価ができると思いますし、収穫も多かったのではないでしょうか?

そうですね。それはもう本当におっしゃる通りかなと思います。「絶対に無失点で終わらせよう」と話していましたし、リーグ戦なので得失点差のことを考えてもできるだけプラスにして終わるというのは大事なことなので、今日に限って言えばそれが100点に近いくらいできたかなと思います。

 

-開幕から4試合を消化しました。キャプテンの大王選手から見て、ここまでのチームの出来はいかがですか?

開幕からの3試合を見た感じでは優勝した年よりは良くないかなと思っていたんですけど、今日の感じでさらに上積みしていければ優勝も見えてくると思うので、ここからチーム全員で上げていければなと思います。

 

-3勝1分の勝点10と、まだまだ十分優勝を狙える位置につけていますね。今日から始まった夏場の4連戦は今季の鍵を握る最も大事な期間になると思いますが、前節から今日までの1ヶ月半はどのような準備をしてきましたか?

僕個人としてはここ最近はあまり練習に出られていないんですけど、チームとしては1対1とか2対2とか、そういった対人系のメニューを重点的にこなしています。

 

-対戦相手に関係なく基本として必要なこと、ベースの部分を強化しているということですね。

そうですね。上位陣との対戦などを想定した場合でも、やはり戦術云々だけでなくあらゆる局面で1人1人が戦えないと勝負にならないので。

 

-大王選手個人としても、今日のゴールで得点ランクトップの8ゴールとなりました。2シーズン振りの得点王も狙える状況かと思いますが、その辺りはいかがでしょうか?

はい。狙ってないって言ったら噓になるというか……まあ正直狙ってはいるんですけど(笑)でも個人としてのタイトルよりもチームとしての県リーグ優勝と関東昇格が最大の目標なので。自分の得点数が増えれば自然とチームの結果も良くなっていくと思うので、キャプテンとしてもっともっとチームを引っ張っていけるように、まだまだ上げていきたいですね。

 

-今週末5日(土)に寒川総合体育館で行われる第5節の第1試合、対YSCC戦は今季最も大事な一戦になると思いますが、この夏場の連戦の残り3試合に向けての抱負を聞かせてください。

この夏場の4連戦が本当に大切になってくるので、今日の結果に満足せず、気持ちを切らさずにやっていきたいですね。次節のYSCCとの試合は本当に、優勝を狙うには落とせない大事な一戦なので、そこに向けて良い準備をしていきたいと思います!

 

-ありがとうございました!