ニュース

チームスマイル初の公式リーグ参入チーム「ソヒーゾ」 エントリーリーグ開幕戦レポート!

19429685_1392196514192457_2250904444521235087_n

チームソヒーゾ 東京都エントリーリーグ代々木ブロック 開幕戦レポート

競技志向チームを創るスマイルフットサル初の試み!リーグのみならず個サルやクリニックで多くのフットサラーを見てきたスマイルフットサルが、チームで競技フットサルに向き合う素晴らしさを伝えるために立ち上げたのがこのチームソヒーゾ!

※sorriso(ソヒーゾ):ポルトガル語で「笑顔」の意

エンジョイにはない、勝負の難しさ・緊張感を!苦楽を共にするからこそ味わえる感動を!切磋琢磨できるチームメンバーと一緒に成長を!フットサル界に一つでも多く、監督のマインドを受け継いだチームを!そんな想いを込めてチームソヒーゾを立ち上げました。

そのソヒーゾが6/18(日)にチーム初の公式リーグを戦い、その試合内容をレポートにいたしましたのでご覧下さい!

この日の写真はこちら

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1392193737526068.1073742905.150697035009084&type=1&l=8843c8dd88

 

 

【戦評】

梅雨の雨が降りしきる中、ソヒーゾ初のリーグ戦がスタートした。今節の相手はDESAFIO SHINAGAWA(以下デサフィオ)、昨年度はチャレンジリーグ(エントリーリーグ1つ上のカテゴリー)を戦っており、初戦から苦しい戦いになることが予想された。 

試合はデサフィオボールでキックオフ、湿ったピッチでボールがのびる。ソヒーゾはハーフからのマンツーマンDFのため、試合序盤はデサフィオがボールを支配。ファーストシュートはデサフィオ、左サイドキックインからシンプルにシュートを放つが枠を捉えられず。ソヒーゾはデサフィオの前線からの守備に苦戦。何か糸口を見つけようとゴレイロ穐山が切り替えを早くするように鼓舞。 

前半6分デサフィオがゴール、右サイド敵陣深くキックインからブロックでマークの外しフリーで中央からシュート!ソヒーゾはセットプレー時、マンツーマンでのマークのため同じパターンで度々ピンチを招いてしまう。攻撃に転じたいソヒーゾだったが、フリーランとパサーの状態が合わずなかなかシュートまでいけない。 

すると前半14分デサフィオが追加点。右サイドコーナーからのボールを第2付近からシュート、ゴレイロはブラインドになったか動けず。続いて16分にもデサフィオがゴール前冷静に流し込み0-3で前半を折り返す。滑りやすいピッチに両チーム苦しんでいるものの、デサフィオがセットプレーを中心に流れを掴み試合を優位に進める。ソヒーゾは後半早い時間帯にまず1点返したいところ。 

しかし後半3分、デサフィオがキーパーとの1対1をうまく浮かして冷静にゴール。やはり経験の差を感じずにはいられない。試合も終盤に差し掛かると体力的な差も出てきたか、10分、11分、12分、15分と続けざまにデサフィオが得点を重ね0-8。苦しむソヒーゾだったが15分、ゴレイロとの1対1を冷静にループシュートで流し込みリーグ初ゴールを挙げる!その後16分に失点し、1-9で試合終了となった。 

メンバー間の年齢差・フィジカル差・技術差・経験差があり結果として大敗してしまったものの、雨の中体を張ってゴールを必死に守る姿勢や、1点でも多くもぎ取るために最後の1秒までゴールへ向かう姿勢はこれからのチームの成長を大きく期待させるものであった。開幕戦の硬さもあってなかなか自分たちが学んできたものを発揮することができなかった印象だが、リーグが進んでいくに連れチームとしての形を見せてくれることだろう。まずはリーグ初勝利に向けてチーム一丸となって進んでいってもらいたい。 

【監督代行インタビュー】 

この日監督代行を務めた柳選手に開幕戦についてお話を伺った。 

ー敗戦直後ですが、試合を振り返ってみてどんな心境でしょうか? 

相手が昨年チャレンジリーグを戦っていたということで、力の差があることは試合前から理解していたのですが、セットプレーを中心に崩されてしまいました。パターンも途中から分かって来てはいたのですが、対応することができずに前後半通じて点差が開いてしまいました。こういった部分を試合中に修正できるかどうかというのが非常に重要だなと感じました。 

ーこの試合の目標であったり、戦い方について試合前話したことなどはありますか? 

開幕戦で緊張もあるだろうから、まずは守備から。人に強く行こうとは話をしていました。攻撃に関しては普段のトレーニングでやってきたことを出していこうと話はしていましたがなかなか上手くいきませんでした。 

ーその要因はどんなところでしょうか? 

やはり試合への慣れという部分が大きかったかなと思います。練習でたくさん学んできたこと、例えばブロックからの回避など、試みる余裕がなかったというのが正直なところです。リーグ戦が進む美連れて、ベンチも含めチーム内で試合中に意識し合うことで出していけるようになるかなとは思っています。 

ーここからリーグが続いていきますが、チームとしての目標はどんなものでしょうか? 

まずは早いうちに1つ勝ってみんなと喜びを分かち合いたいなというのはありますね。練習試合なども含めてまだほとんど勝てたことがないので、1つ目の勝利を自信にみんなで突き進んでいければと思っています。 

ーありがとうございました! 

ソヒーゾの次の試合は7/9(日)17:10から、国立代々木競技場フットサルコートにて行われる。対戦相手はFC Tryangle Tokyo。応援よろしくお願いします!