ニュース

<神奈川県フットサルリーグ1部開幕戦結果> 優勝候補筆頭のYSCCが白星発進!昇格組のバイラールが土壇場で追い付き県1部初勝点を獲得!

5月3日(水・祝)、星槎レイクアリーナ箱根で神奈川県フットサルリーグ1部の第1節が行われた。優勝候補筆頭で昨季2位のYSCCがミリオネアに8-0と完勝を収めたほか、一昨年覇者の湘南はエンカサから大量12ゴールを奪うなど、昨季上位に食い込んだチームが揃って上々の滑り出しを見せた。

 

朝10時から行われたオープニングゲームでは、大地悟体制3年目となるアズヴェール藤沢が昇格組のジオックスに7-3で勝利。昨季終盤に調子を上げたアルジェマも同じく昇格組のホヌを6-3で下した。

 

昨季は思うような結果を出すことができず今季その雪辱を期すフェニックスはボンバネグラに3-0で快勝。UFC時代からチームの中心として活躍していた喜平聡が5年振りの復帰を果たしたほか、昨季まで府中アスレティックFCに在籍していた日永田祐作が新加入。デビュー戦で早速左CKから豪快な右足ボレーを叩き込み、Fリーグ経験者の格の違いを見せ付けた。

 

そしてこの日のベストゲームとなったのは第5試合、まんほーるとバイラールの一戦だ。序盤から地力で勝るまんほーるが順調に得点を重ね二度に渡り3点をリードしたものの、その後バイラールもキャプテン小河原源基やエース仲本友らを中心に反撃。終了間際の39分30秒に仲本がこの日2点目となる同点ゴールを決め、嬉しい県1部初勝点を獲得した。

 

昨季優勝のランツァーレが関東2部に昇格したことで更なる混戦が予想される神奈川県リーグ1部。開幕戦を見る限りやはりYSCCが頭1つ抜けている印象だが、そのYSCCも今季は新たなスタイルを形成中だ。中村猛、高橋健、政野屋祐樹とFリーグ経験者を3人加え戦力の充実度は十分だが、新たな戦い方に馴染むまでの間は付け入る隙が無いわけではないだろう。また、各チーム選手の入団・退団を経てパワーバランスは微妙に変化してきている。1試合を終えた現時点ではチーム間の力関係ははっきりとは見えてこないが、ランツァーレとYSCCの完全な2強状態となった昨季よりも目まぐるしいシーズンになる可能性も十分に考えられそうだ。次節までの約1ヶ月間、各チームがどのような修正を加えてくるのかに注目していきたい。

 

次節は6月4日(日)に善行の神奈川県立体育センターで行われる。

 

≪試合結果≫

第1節 5/3(水・祝) 星槎レイクアリーナ箱根

ジオックスフットサルクラブ 3-7 アズヴェール藤沢

YSCCフットサル 8-0 ミリオネア横浜

アルジェマ 6-3  ホヌ

湘南フットサルクラブ 12-4 エンカサ

FCまんほーる 5-5 バイラール

フェニックス横浜 3-0 ボンバネグラ

 

≪順位表≫

1位 湘南フットサルクラブ 勝点3/得失点差+8/総得点12

1位 YSCCフットサル 3/+8/8

1位 アズヴェール藤沢 3/+4/7

1位 アルジェマ 3/+3/6

1位 フェニックス横浜 3/+3/3

6位 FCまんほーる 1/0/5

6位 バイラール 1/0/5

8位 ホヌ 0/-3/3

8位 ボンバネグラ 0/-3/0

8位 ジオックスフットサルクラブ 0/-4/3

8位 エンカサ 0/-8/4

8位 ミリオネア横浜 0/-8/0

 

≪次節の予定≫

第2節 6/4(日) 神奈川県立体育センター

【Aピッチ】

13:00 湘南フットサルクラブ vs バイラール

14:40 ボンバネグラ  vs アルジェマ

16:20 ホヌ vs ジオックスフットサルクラブ

【Bピッチ】

13:00 エンカサ vs フェニックス横浜

14:40 YSCCフットサル vs アズヴェール藤沢

16:20 FCまんほーる vs ミリオネア横浜

※第2節のみ県立体育センターでの2面同時開催となります。お間違えの無いようご注意ください。